JS-119の一番のポイントとなる” 間 " をイメージしたフロントの二重構造。
そしてもう一つの大きな特徴。
テンプルエンドに施した鎚目(つちめ)モチーフとした模様。
※鎚目 : 金鎚を使い丁寧に時間をかけて表面を叩いて仕上げる技法
iOFT Tokyo 2016にて発表いたします。
JS-119 Col.01 漆黒 Shikkoku
JS-119 Col.02 臙脂 Enji
JS-119 Col.03 熨斗目花色 Noshimehanairo
JS-119 Col.04 錆鉄御納戸 Sabitetsuonando
JS-119 Col.05 海老茶 Ebicha

Contact

Thank you! Your submission has been received!

Oops! Something went wrong while submitting the form :(